屋根に関するQ&A
気づかないうちに屋根の老化はすすんでいます。ここでは、ご質問の多い事例についてお答えします。
 新築に関してのご質問
  • 瓦は新築から何年もつの?また補償はあるの?

    瓦はほとんどメンテナンスなしに(もちろん割れなどの補修は必要)、最低30年は大丈夫です。ちなみに、新築の場合、住宅性能表示制度(品確法)を利用すると、10年間は補償されます。

  • 瓦屋根の家は高くつくといわれた。本当の所教えて?

    屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。新築時は金属屋根やスレートに比べ高くなりますが、その後のメンテナンス費や光熱費は安くなります。すべてを考慮して比較するべきであるといえます。

 リフォームに関するご質問
  • 雨漏りが止まない。どこに頼めば調べてくれる?

    雨漏りというのは、実は大変やっかいなもので、瓦が割れたためといった単純な理由だけで起こるものではありません。雨漏りの原因は千差万別ですので、スグにお近くの屋根工事店に頼んで下さい。

  • 修理を頼んだら、全部変えろと言われた、信用できますか?

    瓦の寿命はふつう一世代(30年)といわれています。屋根材の中で、瓦は最も長持ちする経済性にすぐれた屋根材といえます。瓦が割れただけなら該当箇所の交換で済みますが、瓦ではなく屋根の下地材が腐ったりして、その被害が屋根全体に及んでいるケースでは、下地の修理が必要です。(瓦はそのまま使えます)どちらにしても、信頼ある業者に診断を依頼する方がよいといえます。

 修理に関するご質問
  • 瓦屋根は重いから、地震を考えると止めた方がいい?

    地震などで倒壊した住宅の大半は、瓦が原因なのではありません。むしろ俗に既存不適格と呼ばれる昔の建築基準でつくられたままの住宅や建物で、建築自体に問題があったためと考えられています。もちろん、それとは別に、瓦メーカーも瓦屋根の安全性向上のために、繰り返し科学的なテストを繰り返しています。

  • 品確法って何ですか?

    品確法とは、正式には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」といい、2000年に施行されました 。簡潔にいえば、欠陥住宅をめぐるトラブルを解決しようと設けられた法律です。瑕疵担保期間10年間の義務付け・住宅性能表示制度の創設・指定住宅紛争処理機関などがポイントです。


ページ
TOP