太陽光発電システムに関するQ&A
太陽光発電システムについてのよくあるご質問にお答えします。
  • どんな屋根にも設置できる?

    多種の屋根や材質に対応できます。 モジュール(パネル)を設置する屋根面積が十分であればほとんどの屋根で設置可能です。 ※築年数や屋根の形状・屋根材等によっては設置できない場合があります。

  • 太陽光パネルの寿命は?

    各メーカーとも期待寿命を20年以上としています。 ただし、パワーコンディショナーなどの周辺電装品は、10~15年が使用年数の目安です。 ※設置場所や条件により異なります。

  • 曇りの日や雨の日も発電するの?

    曇りの日や雨の日でも明るければ発電しますが、電力会社の電気を使う量が多くなります。 晴天時の場合は、電力会社へ電気を売る量が多くなります。

  • 売電の手続きは?

    昼間発電した電気はご家庭の電力としてまかなうことは可能。 しかも、使用しても余った電気は電力会社へ売ることができます。 面倒な手続きや作業は不要で、毎月売った分の電気代が電力会社よりお客様の口座に入金されます!!

  • 発電状況などの運転の操作は?

    自動運転なので、日照状況や天候状態に応じて自動的に売電や買電などの切り替えを行います。 面倒な操作はなく家を留守にしていても安心です。

  • パネルの掃除は?

    基本的に掃除の必要はありません。 汚れのほとんどは雨で流されます。

  • 屋根への負担はないの?

    モジュール(パネル)・取付金具の重さは和瓦の約1/3~1/4程度と軽く、屋根の荷重は特に問題なく安心して使えます。 又、モジュールを設置するとパネルが断熱効果を発揮し、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

  • 停電時や災害時でも使えるの?

    太陽光発電システムの設置で雷が落ちやすくなることもなく、建物同等の強度があり台風や地震もまず問題はありません。 停電になった場合でも専用のコンセントに使用したい電化製品を差し込めば発電している分の電気を使うことが可能です。 ※災害補償制度有。(安心の10年間長期保証)

  • 屋根の向きは?

    南向きを100%とすると、東・西向きは80~85%。 北向きはお勧めできません。 最も日射量が大きいのは真南の方位で30度の傾斜角度のときになります。


ページ
TOP